日常生活

ソフロロジー式分娩の効果

更新日:

 

ソフロロジー式分娩という出産方法があります。

実は私の愛する妻もソフロロジー式分娩をして

3人の愛する子供たちを出産しました。

 

ただ、ソフロロジー式分娩という正式なものではなく、

出産時にソフロロジーの音楽をずっと流していただけです。

 

3人ともに立ち会い出産だったので、ソフロロジーの音楽はずっと

頭の中に残っており思い出深い曲になっています♫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてソフロロジーを聴いたのは妻が第一子妊娠中の時。

胎教にも良いと聞いたのでよく聴いていました。

実際、出産時はソフロロジーを聴いていたものの、

第二子までは結構大変でした。

 

それでも、ソフロロジーが流れていたおかげで、

妻は「リラックスして出産できた」と言っていました。

 

ちなみに、第三子は随分短い時間で出産できましたよ。

 

立ち会い出産を経験してみてわかることですが、

やっぱり女性、お母さんというのはすごいです。

そして、出産をサポートする助産師さん、お医者さんもすごい。

 

特に助産師さんはゴッドハンド的な方もいて、

助産師という仕事は本当に頭の下がる思いがします。

 

とにかく、ソフロロジーは出産にとても役立ちました♪

 

 

さて、以前NHKで人体というTV番組が放送されました。

何回かに分かれて放送されていましたが、

「生命誕生」という回があります。

※本になっているのでぜひ参考にしてみてください。

 「NHKスペシャル人体 4」(全4巻)

 

改めて生命の誕生というのはすごいな、と思ったわけですが、

人間の始まりは精子と卵子が受精した「受精卵」という、

たった1つの細胞から始まります。

 

その受精卵が子宮の壁にたどり着き、

母親に向けて「ここにいるよ」とメッセージを

伝える物質hCGを出すそうです。

※ hCG  = ヒト絨毛性ゴナドトロピン

 

そして、血液の流れに乗り母親の体内に広がって、

卵巣などに働きかけます。

その後、生理が止まり子宮の壁を厚くしていって、

受精卵が着床しやすいようにします。

 

しっかり包み込まれた受精卵は子宮の壁に根付き、

着床が完了します。

 

ちなみに、最初に生まれる臓器は「心臓」です。

 

それからはお母さんの体の中で育っていくわけですよね。

生命の誕生というのは本当に感動的です。

 

もしかしたら、受精卵が着床し始めた頃から、

生まれて来る子はソフロロジーを聴いているかもしれません。

そして、子供もリラックスした状態で産道を通り産まれてくる。

 

リラックスと言っても出産自体はやはり大変な仕事です。

それでも、何かしらの手助けをしてくれるのがソフロロジー

なのではないでしょうか?

 

立ち会いする側にとってもソフロロジーは不安や焦りを

和らいでくれる効果があると思いますよ♪

 

-日常生活
-,

Copyright© 情報セキュリティ運用支援・コンテンツ制作|PEERS JAPAN , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.