書評

家族旅行は旅育になる

更新日:

 

こんにちは、宮元です。

もうすぐ10連休という方も多いですよね。

子供がいるご家庭はどうしていいかわからん。。。

という方もいらっしゃるかもしれません苦笑

 

10連休ということで海外旅行に行く人も多いと思います。

海外に限らず、国内旅行あるいは田舎に帰る人もいるでしょう。

 

さて、「旅育」という言葉があるのをご存知ですか??

家族で旅行することで子供の脳がぐんぐん育つ、

ということで今回はこちらの本のご紹介です。

 

「旅育BOOK」

村田 和子 著

2018年7月1日 初版発行

発行所 日本実業出版社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本は旅行が子供にとってどれだけ良いものか、

が書かれていて旅育スポットも多数紹介されています。

大人でも行きたくなる場所があり、とても参考になる本です。

 

著者の村田さんは旅が中学受験にも役立ったということで、

講演などもされているようです。

 

旅育する上で、私が参考になった点をいくつか書きますね。

 

①旅に出発する前に、親子で旅行プランを立てる。

(脳科学者の茂木さんの記事)

地図を見てどのルートで行くと近いかとか、

想像力も身につく。

 

→子供に「どこに行きたい?」と聞くことはあっても、

どういうルートで行くかを親子で話したことはなかった。

自分が決めていたのでこれからは子供と相談しようと思う。

 

旅先で地図を見ながら「今この辺にいるよ。」とか、

地名を覚えさせることはよくやっている。

 

②旅先では家族各々で過ごす時間を持つ。

 

→これもいいですね、子供が成長するにつれ、

これは実践しようと思いました。

まさに、旅育って感じですね。

 

③旅先からハガキを出す。

 

→これは一人で旅行するときたまにしています。

最近は、宝塚大劇場の会場ポストから投函しました。

宝塚歌劇の印が押されてなかなかナイス!笑

 

家族旅行ではやっていなかったので(忘れていた)、

これからやりたいと思う。

思い出作りになるし、せっかくなら写真だけじゃなくて、

ハガキに言葉を添えて自宅に送りたいものです。

 

 

「旅育」と言うように、旅は教育の場でもあります。

特に、中学受験を考えているご家庭にとっては、

旅行なんて行ってる場合じゃない、なんて思ってしまうかも。

 

でも、旅行も地理や歴史の勉強になるし、

理科、算数、国語の勉強にだってなる。

 

「旅育」ってやっぱり必要だと思う。

大人もリフレッシュできて楽しいし、

子供とゆっくり旅行できる時間なんて限られている。

 

だからこそ、「旅育」という名の家族旅行をすすめたい。

 

 

-書評
-, ,

Copyright© コンテンツビジネスで世界とつながるピアーズジャパン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.