日常生活

斎藤一人さんのお金の偏見を解決する金言

更新日:

 

こんにちは、宮元です。

私は斎藤一人さんのファンで、よく斎藤一人さんの音声を

聞いているのですが、この音声は聞いてなかったなって

思って早速聞いてみたのがこちら。

 

斎藤一人さんの音声はYouTubeにたくさんあり、

斎藤一人さんの本にも大体CDが付いています。

斎藤一人さんにはお会いしたこともないので、

無料で聞けるYouTubeはありがたいです♪

 

さて、この音声のタイトルがストレートでわかりやすい。

今、お金に苦労している人にとってヒントになると思います。

 

ポイントはこちら。

 

①お金とは「こうすると確率が良くなるよ」っていうだけ。

いわゆる「確率論」。

 

②お金に縁の無い人とは「お金に偏見を持っている人」。

みんな「偏見なんて持ってない!」って言うけど実は持ってる。

「お金の偏見」というのは「人の偏見」に出る。

お金に偏見は無い、人に偏見があるんだよ。

 

③人を妬まない。

人に「良かったね」って言えると自分にも同じことが起きる。

「人の幸せを願う」ことから始める。

 

④不労所得には100円の人もいれば100万円の人もいる。

それは、「自分に価値があると思っているかどうか」の違い。

人はみな価値があるのだ。

 

⑤親は自分の子供を親以上にしたがる。

時に子供が傷つくこともあるので気をつける。

 

⑥税金は増えれば増えるほど残るものも大きくなる。

ごまかそうとすれば入ってこなくなる。

 

 

詳しくは斎藤一人さんの音声を聞いてほしいのですが、

「お金の偏見」については私自身思い当たる過去がありました。

 

お金に苦労していた時代、「お金の偏見」なんて自分には無い、

と思っていました。

お金は大好きだしお金があれば好きなものも買えるし、

好きな場所へも行ける。

 

お金の悪口を言ったこともない。

財布も定期的に変えてるし、お金のことを想っている。

 

でも、人に対してはどうだったか?

 

「なんでこんなやつがこんなお金を持ってるんだ?」とか、

「親が金持ちだといいよな。」とか、

「大したスキルもないのに長時間の残業や選んだ仕事が

良かったから、年収が高いんだろ。」とか、

 

妬み放題だったかもしれません(苦笑)

 

斎藤一人さんがおっしゃる通り、お金の偏見そのものではなく、

人に対して偏見があったんですね。

 

今思うとそういうことだったのか、と腑に落ちました。

何年か前からは人を羨ましいと思っても、妬みみたいなものは

持ったことはないですし、むしろ「もっと良くなれ」って

思います。

 

それ以来、不思議と自分自身も良くなっていったんですよね♪

 

「人への偏見を無くす」「人の幸せを願う」

「自分に価値があると思う」

 

これらのことを自分自身にインストールして、

人生を変えていけたらいいですね。

 

 

P.S.

斎藤一人さんの金言

『成功したけりゃ、楽してたくさん売れる方法を探すんだよ。

そしたら、商売も仕事も楽しくなるでしょ。』

令和時代に向けたメッセージでした。

 

 

-日常生活
-, ,

Copyright© 情報セキュリティマネジメント支援|ピアーズジャパン , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.