ビジネス

令和時代→働き方改革→パラレルキャリア

更新日:

 

来週5月1日から令和の時代に入ります。

そして、働き方改革もスタートし今までのように、

残業をして月給をアップさせることも難しくなる。

有給消化も必要となります。

 

人によっては必然的に収入減になるため、

副業が可能な企業が増えています。

 

ただ、公に副業が可能となっただけで、

今まででも会社が禁止していても副業をしている人

というのは必ずいます。

そして、会社ではなく自身で確定申告を行う。

 

今まで副業をしてきた人にとっては、

特にダメージは無いかもしれませんが、

何もしてこなかった人にとってはダメージ大です。

 

夜勤も含め、残業をたっぷりして年収を稼いできた人は

その年収(月収)ベースで家を買ったり借りたりして

いたりするので、ベースが大きく下がると最悪引越しも

考えなければならなくなるかもしれません。

 

要は生活レベルを落とす必要があるわけです。

なかなか今の生活レベルを下げるのって難しいですよね。。

 

そこで、副業が必須の時代になるわけです。

ただ、副業レベルで大丈夫か?

 

本業もどうなるかわからない中、やはり副業は本業レベルに、

すなわち、本業レベルを複数持つという、

 

「パラレルキャリア」

 

を持つ必要があります。

 

プラスして、株式投資や不動産投資など投資もやるべきだし、

今の仕事だけに頼るというのはとにかく危険です。

 

本業がサラリーマンの場合、収入アップが期待できない、

あるいは理想の給与が見込めないのであれば、

早めの転職を考えるべきです。

 

ダラダラその会社に留まってしまうのはおすすめしません。

 

また、その人のスキルもありますが、大体の場合、

どの仕事を選ぶかで収入が決まってしまいます。

ですから、稼げる仕事をしっかり見極める、選ぶことが大事。

 

そして、稼げる仕事に必要なスキルは積極的に学びましょう。

語学?セールス?コミュニケーション能力?IT?

いろいろありますよね。

 

私自身は、パラレルキャリアとしてコンテンツビジネスを

中心としたインターネットビジネスを行なっており、

投資も数年前からやっています。

 

パラレルキャリアを常に意識していますので、

これからも仕事は増やしていきます。

と言っても、労働収入には限界があるので、

仕組みを作るようにしています。

 

要は、不労収入、権利収入的なものも作るということです。

残業が少なくなるということは時間が余る可能性があり、

その時間を不労収入、権利収入的なものを作る時間にしたり、

やれることも多いはず。

 

これからの令和時代に向け、あまり深刻に考えず、

楽しみながら収入の柱を増やしていくというスタンスで、

いろいろと模索してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ビジネス
-, ,

Copyright© コンテンツビジネスで世界とつながるピアーズジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.