書評

孫正義さんの今の成功の裏にとことんやるというマインドセットがあった!

投稿日:

 

ソフトバンクグループ代表取締役会長兼社長の孫正義さん。

孫正義さんの本は数々出版されていますが、少年時代のエピソード

が詳しく書かれた本はあまりないのではないでしょうか。

でもありました、子供向けに書かれたこの本が。

 

「とことん 孫正義物語」

文 井上篤夫

絵 やまなかももこ

発行者 飯田聡彦

発行所 株式会社フレーベル館

 

小、中、高の時代からアメリカに渡るまでが描かれた本書。

大人でも学びが多い内容、文になっています。

今の孫正義さんの根底にあったのが、

 

「とことんやる!」

 

という信念、そして家族愛です。

 

正直、孫正義さんの今までの努力には頭が下がる思いです。

猛勉強、猛チャレンジ、1分1秒を無駄にしない姿勢。

今では日本で1、2位を争う資産家です。

自分はまだまだ甘い!そう思ってしまうのが本書です(苦笑)

 

勉強の鬼と化し、志望校を1校だけに絞って久留米大学附設高校

という進学校に入学。

入学式の前には「一度きりの人生、どう生きるか?」ということを

考え、学校を作ると思い立ち、担任の先生をヘッドハンティング。

 

日本一の事業家になると言って、高校を中退し渡米。

アメリカには飛び級制度があって、飛び級するために猛勉強。

その間、ビジネスの種を見つけるためにアンテナは常に張り巡らされ、

大学に「孫食堂」というお店を作った。

 

その後、20代前半で結婚、子供の誕生という話も驚きましたが、

いろいろあって病気になり克服。

みごと絶望を希望に変え、より人々が幸せになれる事業を興す、

という思いが強くなり今につながっています。

 

 

それにしても孫正義さんのエネルギーはどこから湧いてくる

のでしょうか??

 

 

坂本龍馬への憧れ、家族愛、元々の性格などあるかもしれませんが、

おばあちゃんの「人様のおかげ」という言葉なのかもしれません。

その言葉があって、「とことんやる」「人生を燃焼しきる」という強さが

作られているのだと思います。

 

自分もそうでしたが、おばあちゃんって男の子にとって、

また特別な存在なんですよね。

おばあちゃんを嫌いな男の子ってあまりいないんじゃないかな(笑)

 

この本は子供にも読ませました。

何かを感じ取ってくれれば親として嬉しい。

本書は子供にも大人にもおすすめです♪

 

-書評
-, ,

Copyright© コンテンツビジネスで世界とつながるピアーズジャパン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.