書評

ダントツになる技術

投稿日:

こんにちは、宮元です。

こちらの本を読んでみました。

 

ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう

エリック・ベルトランド・ラーセン著

山口真由監修

 

この本を読んで印象深かった点は以下の3つになります。

①価値観というのは目標や夢よりもゆるぎない概念である。

②良い目標とはやる気を引き出し、自身の感情が掻き立てられること。

③エリートと2流を分けるのは「練習量の差」である。

 

価値観は家族なのか、知識なのか、健康なのか、

これからやることが自分の価値観に合っているか自問し、

合ってなければやめろ、と著者は述べています。

 

私の場合、価値観のひとつに「家族」があるので、

会社のような組織に属し、ルール(時間的な面も含め)

に縛られながら働くのは合っていません。

 

満員電車に乗り、決まった時間に皆と一斉に昼休みを取り、

周りの様子を伺いながら帰宅するみたいな生活は無理です(苦笑)

数年前まではそんなこともしていましたが。。。

だから、今では自分でビジネスをしているんですよね。

 

目標は、それを達成することで気持ちがワクワクしてくる、

自分を本気にさせてくれる目標が良いです。

自分だけでなく、その目標を達成したら家族や周りの人も喜ぶ

内容はなお良いですね。

 

そして、最後は練習量。

行動は13回繰り返せば習慣になると著者は述べています。

著者がアンソニー・ロビンズに以下のような質問をしたそうです。

 

あなたはどうやって今のようになれたのですか?」

 

答えはこうです。

 

「トレーニングだ。一にも二にもトレーニングだよ。」

 

私の場合、まずはブログ(笑)

まずは13記事書けば習慣になりそうです。

学習でも何でも習慣にしちゃった人にはかなわないですよね。

習慣にするまでが勝負!

 

これが、ダントツになる第一歩です!

 

みなさんも習慣にしたいことがあればまずは13回、13日、

がんばってみてください。

そして、それが楽しく感じること、苦を感じるなら無理しすぎ、

あるいはやめた方が良いかもです。

 

それでは、また。

 

-書評
-, ,

Copyright© コンテンツビジネスで世界とつながるピアーズジャパン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.