子育て

J・K・ローリングさん脚本の映画♪

投稿日:

 

私が大好きなJ・K・ローリングさんの「ハリーポッター」

シリーズから新たに送り出された映画がこちらでした。

 

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

 

原作者のJ・K・ローリングさんが初めて自ら脚本を手がけ、

ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書とされる、

 

「幻の動物とその生息地」

 

の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが

繰り広げる大冒険が描かれています。

 

主人公のニュートはハリポと同じホグワーツ魔法魔術学校の卒業生で、

魔法動物を守る優しい人間。

その魔法動物がまたかわいい。

ニュートの相棒のボウトラックルが特にかわいい。

 

少し前の動画ですが本映画が紹介されています。

 

そして、次作はブルーレイ&DVDが4月24日に発売されます。

 

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

 

こちらはまだ観ていないのでDVDで観たいのですが、

「黒い魔法使い」ことグリンデルバルド(ジョニーデップ)が

気になるところ。。。

 

 

さて、原作者のJ・K・ローリングさんもすごいですが、

J・K・ローリングさんの世界を視覚化させる人たちもすごいです。

想像力豊かな人たちが作り出す世界というのは、

本当に感動するし楽しませてくれます。

 

想像力というのは人間だれしも持っているもので、

特に子供には想像力豊かな人間になってほしいものです。

J・K・ローリングさんは想像力についてこうおっしゃっています。

 

 

「「想像力」とは存在しないものを描き、生み出す、

人間特有の能力である。」

 

そして、ギリシャの哲学者プルタルコスの

 

「自分の内部で達成した物事は、外部の現実を変えていく。」

 

という言葉があり、心の中の世界が外の世界を生み出す、

という意味と私自身捉えています。

心の中を良いものにすれば、現実も良くなるということです。

 

「想像力」というのは自分でビジネスを興すにしても、

何をやるにしても必要な能力であり、世の中、

想像力で成り立っていると思ってしまうくらいです。

 

「想像力を鍛える」

 

これは、本をたくさん読んだり、いろいろなことを経験したり、

いろいろな人と関わったり、いろいろなことを勉強したり、

ということで鍛えられていくものだと思いますので、

子供にはできるだけそういう機会を持たせてやりたいと

思います。

 

-子育て
-, ,

Copyright© コンテンツビジネスで世界とつながるピアーズジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.